自分の心と対話してぬくぬく夢を叶える〜インナーダイアログを磨く4つの方法

June 13, 2020

目標がありすぎて絞れない・現状に満足していて思いつかないという2つのお悩みに対して、こちらの記事にてそれぞれ3つの解決策をご提案しました。

 

そしてこの記事では、心地よく豊かな人生を実現する秘訣をご紹介します。

 

どんな目標を立てたとしても、誰にとっても変わらない唯一のこと・・・それは、あなた自身!

 

夢を思い描くのも、それを追い求めるのも、叶えるのも、あなた。

 

だから、目標達成の一番の秘訣は、自分の扱い方を知っていることです。

 

具体的には、自分自身とどんな対話を行なっているかという意味の、インナーダイアログがキーポイントとなります。

 

自分自身をいかに上手に引っ張っていけるかで、目標達成の成果だけでなく、その道のりの質も、より心地がよく楽しいものに変化してくるはずだからです。
 

 

そしてまた、目標を見失って、思い悩むのも他の誰でもない、あなた自身。

そういう時は、とにかく早くその状況を抜け出そうと必死に情報収集したり、逆に無気力状態になって何に対してもやる気がなくなってしまったり・・・つらいですよね。

具体的に向かいたい未来が見えない、すなわち自分の心望みが分からない時ほど、外ではなく内側に意識を向けることがおすすめです。

インナーダイアログを習慣化して自分自身との対話力がアップすれば、自分の本当の望みや心の動きを敏感にキャッチできるようになりますよ。

 

それではここで、自分自身に対して向けている心の声チェックを行いましょう。

 

これはどういうことかというと…普段自分が頭の中で、自分自身に対してどういう声をかけているかを確認するんです。

 

例えば、うちの愛犬のわさびは、私の声色や言っていることにすごく敏感に反応して行動を変えます。

 

高めの声で褒めるとしっぽを振って喜ぶし、低い声でNO!と怒ると、シュンとしてしっぽを下げ、気まずそうな顔でしょんぼりします。

 

 

あなたは普段、自分自身に対して、どちらの声を向けていますか?

 

「いいね、その調子」「すごいすごい、よくやってるね」と声援を送っていますか?

それとも、「あ~また失敗した」「あなたには出来っこないよ」「無理無理」と威圧していますか?

 

以前セルフ・コンパッションの記事でもご紹介したように、自分に厳しいよりも優しくいる方が生産性が高く成果が出ることが研究で明らかになっています。

 

一般的に自分に優しくすることはよくないというイメージがありますが、本当は、自分に対して厳しくいることこそが自己満足に過ぎないのです。

 

また、自分に対して思いやりを持って扱うことは、自分を甘やかして堕落を許すことではありません。(詳しくはこちらの記事を読んでね)

 

どんな状況でも、自分が目標に向かっていきたくなるようなインナーダイアログのスキルを磨いていきましょう!

 

これから4つのプラクティスをご紹介します。すべてをやる必要はないので、どれか1つでもやってみようという気持ちになったものに挑戦してみてください。

 

1. 応援メッセージを用意する

 

目標に向かっていく過程で訪れる山や谷。困難にぶち当たった時に、自分が最速で立ち直って、また前に進んでいけるような応援メッセージを準備しておきましょう。

 

自分自身に対してだとなかなか言葉が浮かんでこないという方は、大好きな人(親友など)がその状態だったら、と想像してメッセージを考えて見ましょう。余裕があれば、言葉の応援に加えて、その状態になった自分の気分が楽になるような、具体的な行動を提案しておきましょう。

 

シチュエーション例:
 

-疲れた時に自分にかける言葉(例:「コップ1杯の水をゆっくり飲んで、ゆっくりお風呂に浸かって、思い切って必要なだけ休んでみて。そして、自分の中でまた「頑張りたい」という気持ちが芽生えたら、まずは自分が書き出した新年の目標を音読して、あの頃の気持ちを思い出してみよう。大丈夫、あなたならできる!」)
-自信がない時に自分にかける言葉-やる気がない時に自分にかける言葉          

-自分と人を比べてしまう時にかける言葉

-自己嫌悪に陥ってしまった時にかける言葉

 

 

 

 

2. モーニング・アファーメーション・ナイトタイム・プレイヤーを唱える

 

Affirmation(アファーメーション)とは、肯定的な宣言のことで、Prayerとは、プレイヤーとは、祈りのことです。

 

朝一番に思うこと、そして夜寝る直前に思うことで、1日の印象は大きく変わりますよね。

充実した1日の積み重ねが充実した人生につながると考えると、スタートとゴールを前向きな思考で過ごすことは、あなたの人生が変わると言っても良いほどの大きな変化を招くはず。

 

朝アファーメーションを、そして夜寝る前にプレイヤーを唱えて、ポジティブなマインドセットを定着させていきましょう♬


アファーメーションの一例:「私は、今日という1日を心から楽しみます。穏やかな呼吸を心掛け、どんな時も心に平和を感じて過ごします。」

 

プレイヤーの一例:「今日1日を通して経験したことで、私にとって栄養となるものだけが私の中に残り、それ以外のものは手放す勇気が持てますように。そして、明日という日を新鮮な気持ちで迎えられますように。」

 

※ポイント:設定した目標と関連づけて書いてみましょう。

 

 

 

3. 1年後の自分から今の自分へ手紙を書く

 

1年後の今日の自分になったつもりで、今の自分宛に手紙を書いてみましょう。

 

思い浮かぶことを自由に書いて良いですが、あなたがどのように目標を達成していったかということを詳細に説明した文を含めてください。

 

そこら辺のメモ用紙ではなく、できればお気に入りの便箋などで、丁寧に綴ってみてください。

 

出来上がった手紙は、この1年あなたの側で勇気をくれるお守りのようになるかも^^
 

 

 

4. インナー・ワイズ・セルフと文通する
 

これは、作家でイラストレーターのSARKさんによって考案された"Love Notes"というエクササイズ。

 

内なる聡明な自分・大きな自分・高次の自分という意味の"Inner Wise Self"(インナー・ワイズ・セルフ)との対話を書き出すというものです。

 

やり方は簡単。「内なる聡明な私」からの、ラブレターを自分自身に向かって書くというもの。

 

内なる自分は、愛そのものの存在で、すべてを解っています。あなたがどんな状況でどんな経験をしていても、優しく見守ってくれている。そんな存在です。

 

 

 

そんな自分自身から、現実世界をがんばって生きている自分に向かって言葉をかけてあげましょう。

 

ポイントは、愛そのものの存在になりきって書くこと!

 

自然と湧き上がってくる言葉を綴るのが一番ですが、慣れるまでは、「大好きな美しく輝く光、Cocoへ」というように、ちょっと恥ずかしくなるくらい自分自身の存在を褒め称えるところからはじめましょう。

 

そして、その時に自分が感じていること(良いこと、悪いこと、なんでも!)に対して、聡明な自分として、愛のメッセージ(アドバイス)を送りましょう。

 

私は朝一番にまず「今日はどんなことがある?」と問いかけた上で、インナー・ワイズ・セルフからの答えをジャーナリングしています。

 

自分の中に平和を感じられるようになったり、自分を信じられるようになって、本来のポテンシャルを最大限に生かしていきたい人に特におすすめです。

 

いかがでしたか?

 

1つでも良いので、ぜひ挑戦してみてください!

 

そして、やってみた感想をお問い合わせフォームから教えてくださいね。

 

私も今年は、インナーダイアログ(自分の内なる声)を改善していくことを目標の1つにしています。

 

一緒に、内面磨きを楽しんでいきましょう♬
 

 

Love You Love World

 

Maison Coco 

 

参考元:
Your Writing Loves You

Please reload

Please reload

GET IN TOUCH

We'd love to hear from you

  • YouTube

Find us on youtube