水の飲み方ガイドライン

November 18, 2017

わたしたちの身体の60〜75%は、水で成り立っていることをご存知でしたか?

 

どれだけの水をどのように摂取するかは、わたしたちの健康に直結していると言っても過言ではありません。

 

飲む量が多すぎると、ミネラルのバランスを崩し、飲む量が少なすぎると、脱水症状、頭痛、慢性疲労の原因になると考えられます。

 

 

皆それぞれ違った体格・体質を持って生まれてきており、異なった環境にてライフスタイルを送っているため、一概に「この量をこれくらい飲むことが正解!」ということはできませんが、毎日当たり前に飲んでいる水を改めて考えて見直してみると、心も身体の調子が良くなる、ということがあります。

 

実際に私のクライアントさんにも、水の飲み方を変えただけで、長年悩んでいた便秘や肌荒れを約1ヶ月で改善された方がたくさんいらっしゃいます^^

 

♦どれくらい飲むのが良いの?♦

 

平均的に男性は3リットル(コップ13杯)、女性は2.2リットル(コップ9杯)を毎日飲むことが理想とされています。

 

ご自身のライフスタイルに併せて、自分にとって必要な水分量の補給を導き出すことが大切です♫

 

水分摂取量を増やした方が良い状況:

  • 温かい・湿度の高い気候

  • 高度の高い場所(2500m以上)

  • 運動時

  • 病気の時(高熱、下痢、嘔吐)

  • 膀胱や尿路の感染症を患っている時

  • 妊娠中・授乳中

  • 飲酒の時

 

♦どのような水を飲むのが良いの?♦

 

水道水、ペットボトル、蒸留水、濾過水、アルカリイオン水など、様々な水の種類があります。

 

一般的に、上記に記載のある水の種類は、安全性の低いものから、安全性も栄養価が高い順番です。

 

 

【ワーク】

あなたは、普段どんなお水を口にしていますか?

 

一日の水の摂取量、タイミング、種類、飲み方を観察して、書き記しましょう。

 

 

 

♢基本の飲み方♢

  • 朝起きたらすぐ、常温またはヤカンで温めたお白湯をゆっくり飲む。

 

  • 食事の前20分にコップ一杯飲み、食事中は極力飲まない(水で飲み込まずに、良く噛んで唾液から消化成分を出すため)

 

  • 午前中は水の摂取を意識的に行い、午後にかけて水分量を減らしていく。

 

  • 喉が渇く前に、こまめに水分補給をする。

 

  • 運動前や入浴前など、汗をかきやすい状況は事前に水分補給を行う。

 

  • ゆっくりと一定のスピードで飲み込む。

 

  • お好みでチアシードやココナッツオイルを入れ、食物繊維を補ったり、身体の内側からの潤いを促す。

たかが水、されど水。

 

「あれが食べたくってしょうがない!」クレービングから紐解く今のあなたでもご紹介したように、水を飲むことでイライラやストレスからくる暴飲暴食を抑えたり、頭痛や緊張を和らげることも期待できます。

 

乾燥が増してくるこれからの季節。

 

ぜひ一度水の飲み方を見直して、心も身体も潤う冬をお過ごしください^^

 

 

Shine Your Light

 

Coco

Please reload

Please reload

GET IN TOUCH

We'd love to hear from you

  • YouTube

Find us on youtube