秋から冬にかけてのオススメの過ごし方〜自然と調和したライフサイクルで心も体も健やかに

November 7, 2017

11月も中盤に差し掛かりましたね。

 

今年ももう2ヶ月しかない、それとも、あと2ヶ月もある。あなたは今、年末に対して、どちらの感じ方をしていますか?

 

 

街も会社も、どんどん賑やかに、いそがしくなっていくこの時期ですが、自然のリズムと調和した生き方を考えると、年の暮れの生活スタイルは真逆であるべき。

 

 

日に日に日照時間が短くなり、寒さが増す秋から冬への移り変わりは、活動量を落とし、ゆっくりと自分の内側に意識を向けることに適した時期です。
 

 

本来人間の一番自然な1年の流れは、5月1日から8月1日に最も活発的に過ごし、その後も昼と夜の長さが同じになる9月22・23日頃までは積極的に日光を浴びて活動に勤しみ、その後は徐々にペースダウンして、夜が長くなる冬に向けての準備を行います。

 

それから、自分の内なる声に耳を傾け、常識や固定概念から解放された、物事のより繊細な側面に目を向けるのに適している冬を愉しみ、日照時間が増えていく2月1日頃から徐々に活動ペースをあげていく・・・

 


このような流れが、一番自然の変化と調和した"健全な"ライフサイクルと考えることができます。

 

 

実際に、世界一周に出て主にキャンプ生活となり、自然に近い環境で寝泊まりすることが増えて改めて分かったことは、人間の体は自然の移り変わりにとても敏感に出来ている、ということ。

 

そして、それだけ環境の変化に繊細に反応できる優れたセンサーが備わっている、ということ。

 

キャンプ生活だと、日が暗くなると明かりがほとんどないので、9時ごろにはもうウトウトし始めて10時には就寝。そして、日の出とともに目覚める。

 

わざわざそうしなくても、体が勝手に反応して、絵に描いたような健康的な生活になっています。
 

この現象は、何も私だからこうなる訳ではなく、人間誰もが持っている野生的で、自然な部分が、自然に近いライフスタイルによって露わになっただけのこと。

 

正確には、元通りになった、かもしれません。

 

ヨガやホリスティックヘルスの学びを深めれば深めるほど、心や体の不調の大きな原因の一つに、この自然の流れを無視した生活習慣というものがあることを実感します。慢性的な頭痛、肩こりや重い生理痛、なんだか気力も体力もなくてだるいなどの症状に自覚がある方は、自分の心身から赤信号が出ているかもしれません。
 

とはいっても、都会で生活していると、なかなかすぐに変えられないことも多いですよね。

 

できる範囲で、こんなことに気をつけて過ごしてみてください。

 

1. 夜寝る1時間前からは、携帯やテレビなどのスクリーンを見ない。部屋も徐々に暗くしていく。

 

液晶画面から出るブルーライトは、交感神経を刺激して、眠りの質を下げてしまいます。女性の方は、特に生理中はブルーライトの影響を受けやすく、眼精疲労や頭痛を招きやすいと言われているので、出来るだけ使用を控えることをお勧めします。

 

 


2. 日中はできるだけ太陽の光を浴び、5分でも良いので緑の中を歩く。

 

グリーンエクササイズと呼ばれるこの健康法は、5分で20分運動した同様のリフレッシュが得られると言われています。日照時間が少なくなる冬場の時期は、意識的に日光を浴びることで、ビタミンD不足を防ぎ、前向きな気持ちにさせてくれるホルモンの分泌を促していきましょう。

 


3. ゆっくりと行動する。特に食事の時は、30回以上噛むことを目標にして味わって食べる。

 

普段は落ち着きの象徴であるお坊さんが走り回る12月を前に、なんだかそわそわしたり、気持ちが浮つきがちなこの時期は、いつも以上にゆっくりと行動することを心掛けてみましょう。それでも気持ちが落ち着かない時は、呼吸に意識を向けて、ゆっくりと息を吐き、ゆっくりと吸う。これを何度か繰り返してみてください。外食や豪華な食事が多くなりがちなこの季節は、胃腸もつかれやすくなるので、普段よりもたくさん噛んで、消化の負担を軽減してあげましょう。

実は、私は20代前半までは、生き急ぐのがとっても得意でした。

 

常に何かに打ち込んで、頑張る。そうしていないと、なんだか不安。でも、正直しんどいな・・・

 

そんなサイクルにいた時に出逢って、ライフスタイルを改善するきっかけをくれた言葉をご紹介します。

 

 

「人間に関して、一番驚くことはなんですか?」と質問された時の、ダライ・ラマさんの回答です。

 

「お金を稼ぐために健康を犠牲にして、健康を取り戻すためにお金を犠牲にすることです。未来のことを心配しすぎて、現在を楽しめてないことです。結果どうなるかというと、未来も現在も生きていないことになります。そして、まるで自分は死なないかのように生きて、実際に生きていなかったのように死ぬことです。」

 

残りの2017年が、健やかで豊かな日々となりますように。

 

 

Shine Your Light

 

Coco

 

Please reload

Please reload

GET IN TOUCH

We'd love to hear from you

  • YouTube

Find us on youtube