最近、ちゃんと泣いていますか?

May 19, 2017

昨日ふと気づいたこと。

 

私が昔と比べるとすご〜く楽に生きられるようになったのは、泣くことを自分に許せるようになったからかも!

 

そうして、私は本当に毎日泣いているなぁ、と昨日改めて思ったのです。

 

これだけ書くと、「・・・大丈夫??」という声が聞こえてきそうですが、私は情緒不安定なわけでも、すごくストレスを抱えているわけでもないのでご安心を(笑)

 

私が流す涙は、悲しいだけではありません。

 

嬉しくても、楽しくても、感動しても・・・感情が「普通」より大きく振れたときに、その溢れ出たものが涙となって身体の中から出てきます。

 

 (富士山の頂上からご来光をみて感動した私の泣き顔(笑)元の写真が見つからず、夫にプレゼントした手作りカレンダーから抜粋・・)

 

今でも人前で涙することは色々とめんどうくさくなるからwほとんどありませんが、「泣く」という行為を特別視しなくなり、自然に起こるときにそれを自分を許せるようになったら、とってもラク〜になりました。

 

なぜって、涙の浄化作用はすごいんです!

 

感情が伴った涙(嬉しい・悲しい・辛い・楽しいなど。逆に感情が伴っていない涙は、玉ねぎの皮を切ったときに出る涙など)には、その感情の動きが脳を刺激(※)し、涙がでると共に ⑴プロラクチン、(2)副腎皮質刺激ホルモンのACTH, (3)副腎皮脂ホルモンのコルチゾール(ステロイド) など、主にストレスによって分泌される成分も一緒に、私たちの身体の中から外に排出される働きがあるのです。

 

※感情と涙の関係性は、未だに明確には解明されていないそうです。


みなさんもこれまでに1度は、「泣いてスッキリした!」という経験をされたことがあるのではないでしょうか?(わたしは5万回くらいある^^)

 

最近は寒暖差が激しい毎日で身体的にも疲れやすい時期ですし、5月も半ばに入ってきて、いわゆる5月病のような症状を抱えている方もいるかもしれません。

 

今週末は自分のココロの動きにちょっと意識を向けてみて、ご自身に感動を許してみてはいかがでしょうか♪

 

 

 

「そんなこと言ったって、感動なんてなかなか見つからないよ!」という方は、もう、ガンガン狙って動いて行っちゃいましょう。

 

泣ける映画やドラマを一人で観るもよし、音楽の世界にしんみり浸ってみるもよし、友達の生まれたばかりの子供に会いに行ったり、動物と触れ合うのもよし、老人ホームでボランティアをしてみるのもよし・・・

 

普段とちょっと違う空間に身をおいて、ご自身の心の動きをあじわってみてください。

 

思いっきり泣いて、スッキリ!!!

 

そんな週末があってもいいと、私は思います^^

 

そして、太陽の下、新緑燃ゆるなかでのヨガでスッキリ!!!

 

そんな週末も、かなりいい感じです♡笑

 

当分ヨガイベントの予定はないので、この機会にぜひご参加くださいませ^^

 

 

◯Wellness Beauty Yoga@新宿御苑◯

自然のなかで頭・心・身体を整えて、全細胞がスッキリ目覚めたあなたになりましょう♪

詳細はこちら

ご予約はこちらから

 

"Heal, Uplift and Empower Yourself"

 

 

Coco

(1)プロラクチン【prolactin】

脳下垂体前葉から分泌されるペプチドホルモン。哺乳動物の乳腺の発育と乳汁産生を促進するほか多くの作用が知られる。ヒトの分泌不全は乳汁分泌不全を生じ、分泌過剰は無月経・乳汁漏出などを主症状とする。乳腺刺激ホルモン。黄体刺激ホルモン。泌乳刺激ホルモン。

出典 大辞林第三版

(2) ACTH 【エーシーティーエイチ】

副腎皮質刺激ホルモン。下垂体前葉ホルモンの一種。副腎皮質ホルモンの血中濃度が低下すると,下垂体前葉から ACTHが分泌されて副腎皮質を刺激し,皮質ホルモンの分泌を促進する。その結果,全身に一連の反応 (全身適応症候群) が起る。つまり生体がストレス状態におかれた際の防衛反応として,ACTHは重要な役割を果す。そしてストレス刺激→交感神経アドレナリン系→ACTH→副腎皮質ホルモンなどの関連ルートを円滑にする。また,副腎皮質ホルモンのなかでもグルココルチコイド (コーチゾンなど) の分泌を促進し,結合組織の炎症を抑制する (抗炎症作用) 。

 

 出典 ブリタニカ国際大百科事典

 

(3) コルチゾール【別名ステロイド】

コルチゾール(Cortisol)は、副腎皮質ホルモンである糖質コルチコイドの一種であり、ヒドロコルチゾン (hydrocortisone) とも呼ばれる。炭水化物、脂肪、およびタンパク代謝を制御し、生体にとって必須のホルモンである。3種の糖質コルチコイドの中で最も生体内量が多く、糖質コルチコイド活性の約95%はこれによる。ストレスによっても発散される。分泌される量によっては、血圧や血糖レベルを高め、免疫機能の低下や不妊をもたらす。

 

出典 wikipedia

 

参考文献

脳プロブレム!

泣くとスッキリする秘密!

感情のリセットと浄化。「涙」と「笑い」の効果がすごかった!

Please reload

Please reload

GET IN TOUCH

We'd love to hear from you

  • YouTube

Find us on youtube