満月の夜の過ごし方

May 11, 2017

ここ数日、なんだかそわそわするな〜と感じていたら、今日は満月でした。

今これを読んでいらっしゃる方の中にも、同じように気持ちが落ち着かなかったり、逆にとっても眠くて頭が働かない、といった体験をされた方もいるんじゃないでしょうか^^

全く影響を受けないという方もいるかもしれませんが、月の満ち欠けによって波の満ち引きが影響されるように、身体の75%が水でできている私たちもまた、影響を受けています。

繊細な自分に出逢うことができる特別な満月の夜に、おすすめの過ごし方をご紹介します。


 

 

 


1. 自分ができたこと、手にしたものなどに目を向け、感謝する 

 

 

これから頑張りたい目標をリストアップするのにおすすめの新月に対して、満月の日は今手にしている幸せに意識を向けてみましょう。感謝の気持ちを持つことで、「満たされている感覚」を味わうこともできます。

 


 

2.「達成」「完了」を意味するため、手放したいことを書いて破る

 

「満ちる」ときである満月は、自然のリズムの中で、達成や完了を意味します。もし、「もう終わりにしたいな」「辞めたいな」と思っていることがあるとしたら、今が手放す絶好のチャンス!紙にリストアップして、自分の内面を整理しましょう。

 

 

 

 

3. 吸収力がアップする為、カラダにいいものを食べる(特にミネラルやビタミンなどの栄養素を積極的に摂る)

 

「実になる」だけでなく、「身にもなりやすい」時期でもあります。糖分や添加物の接収は控え、いつも以上に身体に取り入れるものを、丁寧に選ぶとよいかも。

 

 

 

4. 深呼吸をたくさんし、おおらかな気持ちで過ごす

 

敏感な方は、何かと気にしやすくなるときかもしれません。いろいろと心配になることや、やらなくてはいけないことはあるかもしれませんが、出来るだけ自分に余裕や優美さを許してあげることを意識してみましょう。

 

 

 

5.月光浴をする
 

適度な日光浴だけでなく、月光浴にもウェルネスに対しての効果があるといわれています。特に満月の日に月の光を浴びると、自分の夢や進んでいきたい方向がクリアになったり、実現しやすくなるとか。いつもよりロマンチックな雰囲気が高まるせっかくの夜なので、満月を眺めながら、ご自身の今に心を向けてみることをおすすめします。


あなたらしく、穏やかな夜となりますように・・・♡


Heal, Uplift & Empower Yourself

 

 

Coco

 

Please reload

Please reload

GET IN TOUCH

We'd love to hear from you

  • YouTube

Find us on youtube