Dirty Dozen and Clean Fifteen〜野菜・果物の農薬使用度リスト

March 15, 2016

 

食べ物によって、農薬がたくさん使われていたり、身体が吸収しやすい12種類の野菜・果物をまとめて、"Dirty Dozen(ダーティードーゼン:ダーティ=汚い、ドーゼン:12個の)"と呼ばれています。

 

「オーガニックに興味はあるけれど、いきなり全部オーガニックにするのは大変。お金もかかるんじゃないかな?」という方は、このリストを参考にお買い物してみると良いかも♩

 

 

【ダーティードーゼン】(農薬使用料・汚染度が高い順)

1. りんご

2. セロリ

3. パプリカ

4. 桃

5. いちご

6. ネクタリン(油桃)

7. ぶどう

8. ほうれん草

9. レタス

10. キュウリ

11. ブルーベリー

12. じゃがいも

 

※上記以外でも、緑のお野菜は、虫が大好きな葉に直接大量の農薬が撒かれていることが多い。

 

アメリカの環境NGO Environmental Working Groupによると、上記の12の食材を無農薬・オーガニックにすれば、最大80%の農薬接種を防げるとのこと。

 

反対に、比較的汚染度が低いと言われているClean Fifteen (クリーンフィフティーン:クリーン=きれいな、フィフティーン=15)というリストもあります。

 

【クリーンフィフティーン】(農薬使用料・汚染度が低い順)

1. たまねぎ

2. とうもろこし

3. パイナップル

4. アボカド

5. キャベツ

6. えんどう豆

7. アスパラガス

8. マンゴー

9. なす

10. キウイ

11. マスクメロン

12. さつまいも

13. グレープフルーツ

14. すいか

15. きのこ類

 

お分かりの様に、クリーンフィフティーンに属する食材は、皮があるものが多いですよね。

例えばキノコ類は、放射能の影響を受けやすい食材とも言われていたりもするので、一概に「安心安全」とは言えないかもしれないけれど…

 

お買い物の時の参考になると嬉しいです♪

Please reload

Please reload

GET IN TOUCH

We'd love to hear from you

  • YouTube

Find us on youtube