作り置きレシピ:キヌアとカシューナッツのごちそうサラダ

September 26, 2015

ヨガインストラクターのいとこが泊まりに来た際、「夕食何食べたい?」と聞いたら、「軽いものがいい」というリクエストが。ヨガレッスンがある前後は、やっぱり消化が良くって動きやすいものが食べたくなるものね。

 

ということで、サラダが主食の夕食を作ることにしました。

 

 

メニューは

・ビーツのポタージュ

・カラメルした洋梨とナッツの彩りサラダ

・アロエのお刺身

・キヌアとカシューナッツのごちそうサラダ

 

図らずも完全にヴィーガンな食事となりました♩

 

今日は、この中のキヌアサラダのレシピをご紹介します。

 

【Jewelled Quinoa/キヌアとカシューナッツのごちそうサラダ】

[材料]

キヌア 40g

ブイヨン 1個

レッドオニオン 20g (3/4個)

にんにく 1片

タラゴン 1つまみ

黄色いパプリカ 半個

赤唐辛子 1/4 

レモン汁 1/2個 

レモンのゼスト(皮)少々

カシューナッツ 20g

ドライクランベリー 15g

パセリ 20g

フェタチーズ* 25g

 

[作り方]

1. キヌアを炊く*。キヌアの量の2倍の水を沸騰させ、その中にキヌアとブイヨンを入れ、沸騰させてから20分弱火〜中火でかき混ぜる。余った水分を捨てる。

2. ドライクランベリーを水につけてふやかしておく。

3. オリーブオイル(分量外)を大きめのフライパンで熱し、みじん切りしたタマネギとにんにくを5分程炒める。柔らかくなったら、タラゴンと水大さじ2杯を入れ、もう2〜3分炒める。

4. さいころ状に切ったパプリカ、細かく切った赤唐辛子、レモン汁、カシューナッツ、ふやかしたクランベリーを入れ、大さじ2杯の水を再度投入する。キヌアを入れ混ぜ、2〜3分炒めたら、火から取り、削ったレモンのゼストと刻んだパセリを投入する。細かくしたフェタチーズを入れ、完成!温かいままでも、冷たくしても美味しい。


[ポイント]

・キヌアは半日以上水につけてから調理するのがベスト。外側に余分についたサポニンを除去するため。

 

[アレンジ]

・ドライクランベリー以外に、ドライブルーベリーとクコの実も入れました。

・フェタチーズの代わりに、塩豆腐(絹豆腐にお塩を小さじ1杯ふりかけ、キッチンペーパーで包んで水分を吸い出したもの。1日以上置いたものがベスト)を代用しました。

・ブイヨンの代わりに、野菜コンソメを使いました。

・タラゴンの代わりにオーガニックハーブパウダーを使用しました。

・黄色いパプリカ以外にピーマンもいれました。

 

見た目も華やかで栄養価も高い1品。

作り置きにも、おもてなしにもオススメです!

 

ぜひお試しあれ♡

 

*このレシピは、Natasha Corrett&Vicki Edgsonさんの"Honestly Healthy"という本を参考にしています。

 

 

Please reload

Please reload

GET IN TOUCH

We'd love to hear from you

  • YouTube

Find us on youtube