夏到来!今すぐ実践できる5つの簡単夏バテ対策

July 1, 2018

いつもよりだいぶ早くやってきた夏。
長くてアツくなりそうですね!

そんな夏を、ちょっとの心づかいで健やかに楽しむ秘訣をご紹介します。
 

元気なあなたで夏を過ごす5つのウェルネスポイント

 

 


1.あたたかく巡らせる
クーラーで熱を必要以上に奪われたり、冷たいものをたくさん摂取してしまったり・・・暑くなると起こりやすいのが、身体の冷え。自律神経の乱れ、内臓の不調や頭痛、むくみや顔色の悪さの原因となり、美容と健康の大敵です。
 

上着やスカーフを携帯する、夏でも腹巻きをする、常温orホットのドリンクを飲むようにする、お風呂に入れなくとも足湯をする、などを実践してみましょう。

身体が冷えたな、と感じた時は、神経が集約しているクビ(手首・足首・首)をまるい円を描くようにまわす、もしくは身体で一番大きな筋肉である大腿四頭筋(太もも)や大臀筋(おしり)を起こすスクワットを何度か行うと、徐々にポカポカ身体が温まってくるはず。
 

 

2. 常に潤っている
のどが乾いたと感じる前に、こまめに水を飲むこと!とても基本的なことですが、侮る事なかれ。怠ると命とりとなる可能性もあるほど大切なものです。

アーユルヴェーダでは「火」のエネルギーを象徴する季節である夏は、元々個々人が持つ体質によって度合いが変わってくるものの、一般的には、水や風のエネルギーを持つことを意識するとバランスが取れると考えられます。

 

例えば、体質が火の性質であるピッタの方は特に、火を使った料理は控え、クールダウンに役立つ食事や運動を意識すると良いでしょう。


スムージーやジュース(砂糖が加わっていない、果汁100%のもの)や、ローフード(非加熱の食事)に適した季節なので、サラダやコールドプレスジュースなどをいつもより多めに摂取してもOK◎

きゅうりやスイカなどの旬のお野菜やフルーツは、水分量が多く水分補給になるだけでなく、自然に身体を冷やしてくれる作用も期待できます。

また、飲む点滴と呼ばれる甘酒やお酢、旬の赤シソを使ったジュース、腸内環境を整える味噌などの発酵食品も欠かせません。

暑い日に冷や汁など、気持ち良さそうですね♪

 

 



3.前向きに動く

日照時間が長い夏は、自律神経が過敏に働き、自然と活動的になりやすくなります。

そんな夏のパワーを無駄にせずに過ごすには、落ち込んで過ごしたり、消極的にならないこと。

エネルギーを停滞させずに、積極的に仕事に取り組んだり、全力で遊ぶことがおすすめです。

 

ずっと経験してみたいと思っていたことや、形にしたいと考えていたことはありませんか?


いつもより身体が活発に働くこの時期に、実行力と行動力を持って実現させましょう!


また、日が早く昇るこの時期は、早起きを習慣化するにも適した時期です。

朝時間を充実させると、今年の後半に向けてよい生活リズムが整いますよね。

私もいつもより1時間早く起きて、あたためてきたプロジェクトを完成させる予定です^^


 

 

4. しっかり休む

 

活動的に過ごしやすい分、無理をしやすいのもこの季節の特徴です。

夏バテしないためには、疲れを溜めないこと!そのために、休息や睡眠を意識的に取ることが大切です。

 

中医学の考え方では「動」のエネルギーが一番強くなる季節なので、その季節特有のエネルギーと同調して動きながらも、しっかりと「静」の時間を持つことで、心身のバランスが保ちやすくなると考えることができます。

 

 


人それぞれ「良質」な睡眠とはどんなものか変わってきますが、一般的に、ホルモン分泌が行われるゴールデンタイムの10時〜深夜2時に寝ると、自律神経が整いやすく、細胞のターンオーバーも正常に行われやすくなると言われています。

寝苦しくて眠れない、またはクーラーをかけ過ぎて風邪をひいてしまうなど、安眠確保が難しい本格的な夏を迎える前に、ご自身にとって心地よい睡眠環境や、何時間寝たときに一番調子が良いかを明らかにしておくと良いですね。

 

 

 

5. 虹を食べる

虹を食べるとは、お皿の上で虹が出来上がるような、カラフルな食事をするということ。

 

バイオ個性といって、一人一人の持って生まれた体質やライフスタイル、望む未来によって「良い」食べ物は違うという考え方からなるホリスティックヘルス コーチングでは、たくさんの方が読んでくださるネット上の記事で「この食事が正解です」といった断定的なご提案は極力しません。

 

ですが、栄養価が高くバランスが取れた食事は、ほとんどの人に適した食事方法の一つ。

 

そして、その簡単な判断基準として、様々な色の食べ物を食べる、すなわち様々なフィトケミカルを取り入れる、と考えることができます。

 

フィトケミカルとは、植物性の食べ物に含まれる化学物質で、それぞれの色はその色特有の栄養価や効能があります。

 

虹色の食事を心がけることは、多種多様な栄養素を取り入れることにつながるので、バランスの取れた食生活を実現しやすくなります。

 

夏に旬の食材は特にカラフルなので、積極的にいろいろな”色”を摂取してみましょう!

色を意識した食事法をより詳しく知りたい方は、「レインボーダイエット」で検索してみてください。

 

いかがでしたでしょうか?

5つすべてのことを一度の実践するのではなく、今自分に一番必要だと感じることから、ひとつひとつ確実に習慣化してみると良いかもしれません。
 

どれもタダでできることばかりです。治療費ではなく自分が本当に幸せを感じられることにお金を使えるように、という意識で実践してみても良いかもしれませんね^^

少し意識と行動を変えるだけで、あなたの夏はきっと、もっともっと素敵に変化していきますよ♪
 

健やかで明るい夏となりますように!
 

 

Love You, Love World

 

Coco

 

 

 



 

Please reload

Please reload

GET IN TOUCH

We'd love to hear from you

  • YouTube

Find us on youtube